大切なことは言葉にならない!

長岡の花火を見に帰ってきた。去年初めて長岡の
花火を見てその迫力に圧倒された。
また見たくなったのである。
花火には不思議な力がある。

小さい頃から親も花火が好きでよく連れて行ってくれた。
花火を見る日は朝からウキウキしていた。
頭の真上に上がって開くだけなのに引き付ける。
身体を揺するような大音響。

花火を見ていて全て忘れている時や
小さい頃をふと思い出す時がある。
言葉はいらない。
言葉以上の感動を与えてくれる。
大切なことは言葉にならない。
まだ余韻が残っている。

紙を蝸牛🐌が食べる!

「蝸牛が紙を食べるのよ!」と知人から電話があった。
庭にある葡萄を鳥などに食べられているので、
今年は収穫を期待して葡萄の青い実に袋をかけた。

袋は家にある封筒だった。その封筒を蝸牛が食べたという。
農家で使う袋は虫がつかないよう農薬処理がしてあるの
かもしれないという。

紙は木から出来ているので、食べられるものではあるが。
それにしても青い実はかなり酸っぱいはず。
その実も食べたのだという。
自然の生き物の貪欲さに驚いた。

 

7月1日から改正!

相続法で今月1日から改正されたものがある。
①相続開始後の預金の払い戻しの緩和
②居住用不動産を夫婦で贈与した場合
③遺留分権利者は侵害額を金銭で支払う
 よう請求できる
④長男の妻は義父を介護した場合は
 金銭支払いを請求できる

実際に役立つものになっている。
詳細を知りたい方はひぐち事務所までお問い合わせください。

これらは核家族が多くなったことが改正につながっている。
社会の変化に法律が追いついた形だ。
今、子供用の実用書が売れているという。

子供机の引き出しの整理やお金など学校が教えないことを
マンガをまじえて分かりやすくしている。
しかし、これらは本から学ぶものなのだろうか。
想像もしなかった社会の変化が急速に進んでいる。

雨の日楽しく

介護ネットワーク

先日、ある患者会に参加したときのこと。
病院の看護師長、ケアマネージャー、介護用品レンタル
業者の方々にお会いした。彼らは月1回の勉強会を
していると聞き驚いた。

彼らは親しく冗談を言い合ったりしているのをみると
この方々に在宅訪問医療を受けている人達は行き届いた
サービスを受けているのだろうと思った。
患者さんの情報が共有されているし、きめ細かく連携
しているので対応が早いからだ。

在宅訪問医療は超高齢化社会に進んでいくなかで各種の老人ホームを
選択するときのもう一つの選択肢となりうると思うが問題点もある。

今の50~70代は親をみとった世代で介護の苦労を知っているので
周りに迷惑をかけたくないという意識が強い。
またこれまで介護は家族で女の人が主にしていたが、
今の女の人は仕事を持っている人が多い。
在宅訪問医療はヘルパーさんだけで出来るのだろうか。

雨の中の陽だまり

 

 

騙されないで!

先週、「大変です!裁判所から手紙がきました」と電話があった。
2年前に公正証書遺言の依頼を受けた方からだった。

身に覚えがないとのことだったので、
「詐欺の手紙ですよ」と言うと
「無視していいんですね。ホットしました」という返事。

大抵の人は「法的手段に訴えます」というフレーズに
ビックリしてしまう。日本では「おおごとにしたくない」という人が
多く裁判所は敷居が高く、気軽に利用する雰囲気ではない。
それだけに「東京地方裁判所民事訴訟部」と書かれているだけで
「早く、何とかしなければ」と気持ちを動揺させる。実にうまい。

還付金詐欺も巧妙だ。介護保険料がとりすぎで還付金があると
区役所職員を名乗り電話する。すぐに詐欺グループ仲間が銀行員を名乗り
電話でATMに誘導して、振り込まれますからと「振込」を押させるのだという。

電話は留守電機能にしておいて、後でこちらから電話するのはどうだろうか。

初めてみる紫陽花の色

 

 

 

 

中心も咲く

システム障害

先日、全国チェーンのスーパーで買い物をしていたときのこと。
レジの画面にカード会社に電話することを指示する文章が
出てカードで買い物ができないとなった。

見ると全部のレジが同じ画面になっていた。
食料品買うのをあきらめて3階に行った。
ペット用品が10%オフになる最終日だった。
ところが3階のレジもカードで買い物できない。

全店のレジにシステム障害だという。
ペット用品が10%オフになるのは今までに
なかったことなので、これを楽しみに来たのに。
カード支払いでないと10%オフにならない。
諦めきれない私はなんとかならないのか店員さんに
聞いてみた。店員さんは店長に電話してくれた。

現金払いならと10%オフにしてくれた😊
後でお詫びの挨拶状に全国のレジで
カード支払いができなかったことを知った。

スーパーのレジでシステム障害にであったのは
初めてだが、考えてみたら銀行のATMもシステム
障害がある。
これから行政手続きもネット申請が進むだろう。
来年は会社設立も添付書類の手間がなくなり
ネット申請が進みそうだ。
システム障害が起きたときの対応も事前に
幾つか考えておかなければならない。

現場の早さ!

先日、肺がん患者の会に招かれた。
講演後はグループに分かれて、気軽におしゃべりする会にも
参加した。10人位で皆さんが初対面だったにもかかわらず、
みんなが肺がんなので、治療や薬も同じ人もいて話がはずんだ。

その中で年配のAさんが
「抗がん剤が効かない。治療法がない」と主治医に言われ、
どうしたらよいかわからないとのこと。
セカンドオピニオンを受けたらという意見に
Aさんは戸惑っている。主治医の先生に嫌な顔されたり
ちゃんと見てくれなくなったらと心配している。

「セカンドオピニオンの先生が良かったら?」とAさん。
「その時は先生を変えればよい」とサバサバした意見があり
Aさんは納得した様子。参加したグループではほとんどの人が
セカンドオピニオンを求めていた。中には病院で4枚も
紹介状を書いてくれたという。
セカンドオピニオンが浸透し、多くの人が利用している。

キイトルーダとシスプラチン等の混合の抗がん剤の投与を
受けている人もいた。キイトルーダはオプジーボのすぐ後に
認可された薬。保険適用もつい最近だ。
キイトルーダは抗がん剤投与の後でなくても使用できるので
注目していた。治療現場は素早く対応している!

やさしい香

 

「将来が不安!」

今年に入ってから3名のご高齢の「お一人様」から相談を受けた。
「倒れて誰も気付かなかったらどうしようか」と思うと不安になるという。
今住んでいるマンションをどうしたらいいのか、お墓は?と考えると
次から次へと不安材料が出てくるという。

「病気になる前に老人ホームに入れば心配いらない」と思っている人が多い。
ところが老人ホームは治療はしない。熱がでた時は、病院までは老人ホームの
スタッフが付き添ってくれるが、入院手続きはしないし、手術の時の保証人に
なれない。あくまで家族がしなければならない。

地域包括支援センターや地域福祉協議会などがあるのを説明したが、
個別に万全のケアは難しい。ネットで調べても有料老人ホームと
住宅型老人ホームの区別も分かりづらい。

この間、テレビで小学生のお小遣いの使い道を聞いたら、貯金するのが
ほとんどだと伝えていた。その理由を尋ねると
「将来が不安」と小学生が答えていた。

高齢者だけでなく小学生も「将来が不安」と思っている。

津波から着物を守ったのは!

今日の午後、偶然「黙祷」というアナウンスが聞こえる場所
にいて黙祷しながらもう8年たったことに驚いた。

「津波もがんも笑いで越えて」の村崎茜さんのモデルの鈴木ツマさんに
お会いしたのは、この本が出来た時の4年前であった。
ツマさんはまだ仮設住宅に住んでいた。

その時、ツマさんが着ていた和服に少し違和感を覚えた。
家を流されたのに立派な着物!?
ツマさんはみんなの疑問に答えるようにというより嬉しそうに
流された家の土台の土砂から掘り起こされた桐たんすから
出てきたという。

桐たんすは湿気に強いと聞くが、土砂の中に長い間埋もれていても
水一滴も通さなかったのである。桐たんすは濡れるとしっかり
密閉するということが証明されたのである。
職人さんの技術も素晴らしい!

着物はどんな言葉より励ましてくれたという。
ツマさんは3年前に市の集合住宅に入ることができた。

もう一人竹内彩さんのモデル渚さんの子供たちは震災当時は
小学生だったが上の息子さんは2年前にに高校卒業。
去年、渚さんから小さいながらも新築したという喜びの
メールをもらった。

 

体験者の迫力!

先日、遺言を依頼したAさんから貴重な東京大空襲の話を聞く
ことができた。当時、Aさんは小学生で深川に住んでいた。

大空襲の時は、父母と兄弟で一緒に逃げ回り、近くの4階建ての
小学校に逃げ込んだという。生存した同級生はたった2人のみ!
その時の様子をAさんは静かに話し出した。

その日は3月で、強い北風が吹いていた。火が走るようにあちこち
飛び火して町を燃やしつくした。B29の爆音と日本軍の応戦の爆音で
雷が落ちたような大轟音が2時間続いたという。

幾つかのテレビドラマでは風が強いことは触れていない。
日本軍の応戦もAさんから初めて聞いた。
熱い爆風、大轟音、きな臭い匂いが伝わってきた。

世界的にさざ波が立ち始めているような漠然とした不安を
もつのは私だけだろうか。
一人一人の心の中は平和を願っているのに。

 

ついに開花!