ブログ そよご 

ブログ一覧

固定電話☎

この間、思い切って自宅の固定電話を撤去した。
いつの間にか、かかってくるのはセールスの電話だけになっている。

それでも何か急用だったり、FAXも使う時があるかもしれないと
なかなか踏ん切りがつかなかった。

固定電話が主流の頃と比べると今は3分の1に減っているという。
ダイレクトメールも極端に少なくなった。その代わりメールマガジンが
多くなって毎日PCに8件位入る。

士業の事務所で固定電話を使わないところも増えている。
固定電話があっても、スマホで「かけ放題無料プラン」の人が多く
会社や他の士業の先生からも携帯番号でかかってくる。
事務所の固定電話はこれからどうなるのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

くちなしの花
重たい空気の中で甘い香を漂わせる
強いのに嫌味がないのは合成でないから

不法就労防止!

「不法就労防止にご協力ください!」と東京入国管理局の方が
呼びかけていた。A駅を通った時である。
ポケットティッシュにチラシがおりたたんであった。

そのチラシには、不法就労となる具体例が幾つも記載されていた。
「事業主も処罰の対象となることもあるンですよ。」とポケットティッシュを
受け取った私に声をかけてきた。

「外国人が不法就労者であることを知らなくても、在留カードを確認していないと
処罰されます。」私が改札に定期を入れるまでついてきて説明してくれた。
他の人は興味なくポケットティッシュを受け取ることなく、素通りしていく中で
「人手不足のため技能実習生の改正も検討されていますね。」と私が言ったことに
素早く反応してくれた。

難民も移民もわが国は受け入れが極めて少ない。コンビニや居酒屋で働いている
外国人は留学生が多いときく。単純労働する在留資格はない。
でも単純労働の分野に人手不足が深刻だ。
外国人の受け入れ態勢が大きく変わりつつある。

 

雨の中
鮮やかに咲く

キラキラネーム✨

小中学生の女の子で名前に「子」がつくのは極めて少なくなっている。
瑠、羅、璃など画数が多い凝った名前が多い。
最近はキラキラネームといわれる名前も話題になっている。

呼んだ時の音をイメージして、それに漢字を当てはめて
名前を付けるのがキラキラネーム。
  紗音瑠(しゃねる) 乃絵瑠(のえる)
  月姫(らめ)    音音(のんのん)

出生届に名前の読みも書くようになっている。
戸籍受付係の人に聞いたら、名前の読み方のチエックはなく
どんな読み方でも受け付けるという。つまり辞書にない
読み方でもOK。キラキラネームがつけられ易くなっている
わけだ。

知人が言った。
「らめおばちゃん!なんて呼ばれたらおかしいでしょう。
子供がおばちゃんやおばあさんになってからのことも
考えるようにと娘に言っているの」もうすぐお孫さんが
生まれるので赤ちゃんの名前に関心があるという。

音の響きを重視するのか。どんな大人になってほしいかその
想いを託すのか。
どちらにしても名前を考えるのは楽しいひと時だ。

 

 

写真から教わった📷

スマホの写真のデータをプリント機が読み取ってくれない!
「東京都福祉保健局」に提出しなければならないのに。
顔が青ざめた。すぐにドコモショップに駆け込んだ。

情報量が多くてスマホの内部で処理しているときに起こると
言われてもピンとこないが、とにかく写真はプリントできた!
仕事で使う写真はデジカメも使わなければ。

居宅介護支援事業の指定許可の写真は室内のもので、
事業者の都合もあり何時でも何度でも写しに行けない。
仕事で写真を撮るのは好きなだけではダメとプロの
カメラマンが言っていたのを思い出した。

結婚式の写真やビデオをとるのが一番緊張するという。
結婚式は一生に一度。失敗は許されない。
その厳しさがあるから、プロの写真はクリアだし、
1番いい瞬間をとらえる。
1枚の写真が感動を伝える。

 

 

 

 

風の強い日が多い。花は揺れて梅雨を待つ。

 

 

アメージング🎊2

藤井聡太六段が七段に昇段した。史上最年少だ。
六段から七段の昇段もわずか3か月という。

彼は去年、最多29連勝して今年、羽生善治二冠を破るなど輝かしい活躍だ。

棋士は10手先を考える思考力と途中の局面の駒を再現ができる
才能を持ち合わせている。並み居る棋士達に勝つのは大変なことだ。

単に好きだからやっているのでなく、実戦を通して鍛え上げ、また将棋ソフトで
さらに熱心に邁進している姿勢に脱帽だ。
将棋に限らず、スポーツなどプロの世界は正確なデータを集め、相手を
科学的に研究している。プロの世界は精神的にも強さが求められる。