ブログ そよご 

ブログ一覧

アメージング❣

金メダルが決まった時、羽生選手の目に涙!
私もウルウル!こんなに感動したのは久しぶりだ。

「できることは全部やった!」という。やり切ったことで
強い自信と信念が備わったのだと思う。氷の上で練習できない
2か月間をどんなトレーニングで乗り切ったのか知りたい。

前に出会ったヨーガの先生は
「これだけやっているのだから、病気になるはずがない!」と
言っていたことを思い出した。毎日筋トレと4時間のヨーガを
続けてきたからこそ言えることだ。それが自信になる。

目標立てたのにやらないとストレスになり、イライラして生活する
ことになる。普段の生活を楽しくしたい。
「できることをやり切る」のは難しい。
やり切ることは自分との闘い。

 

寒桜
ゆっくりと咲く

津波を越えて‼

「3月にマイホームが完成します!」とAさんから嬉しい便りが届いた。
Aさんは、樋口強著「津波もがんも笑いで越えて」の中の登場人物「竹内彩」の
モデルになった人だ。

震災の時、小学生だった息子さんは今年、高校を卒業するという。
あれから来月で7年になる。Aさんにとってこの7年は大変な苦労の
連続だったと思うが、持ち前の明るさで乗り切ったと思うと
胸が熱くなった。

大寒波が続いているが、日差しは少しずつ強くなっている。
沈丁花もいつの間にか咲きそうなまでになっている。

 

 

 

 

シャンシャンの膝カックン🐼

先日、テレビにシャンシャンが後ろからお母さんパンダの膝裏にぶつかって
膝カックンの動画が流れた。ツボに入って膝カックンが見事だ。

シャンシャンはどんな動きをしていても可愛い!私が気に入っているのは
お母さんパンダがシャンシャンの頭を甘嚙みして連れていくシーンだ。
シャンシャンは仰向けにお腹をみせて手足をゆっくりバタバタ。
心の中がホンワカ、ゆったりする。

 

 

 

 

 

 

家のワンちゃんもお腹がすいている時は、勢いよく私の膝裏に突進してくる。
おもちゃをくわえたまま突進してくることもある。

ペットで癒されることが多い。家族の一員になっている。
ペットも人間と同じように、医学と薬の進歩で寿命が大幅に伸びた。
高齢化になるとペットも介護の問題が出てくる。

家族の一員だから最後まで面倒みたいと思っても不測の事情で面倒をみる
ことができないことも出てくる。人間社会の高齢化と一人暮らしの増加など
と相まって、最近は老犬、老猫ホームが増加しているときく。

老犬、老猫ホームの営業をするには都道府県の届けが必要です。
詳細はひぐち法務事務所までお問い合わせください。

 

 

 

雪やこんこ⛄

先週は大雪と記録的寒波!とにかく寒かった。
1番ビックリしたのは家のワンちゃんだろう。

散歩に行く時、いつもはリードを付けると玄関まで走って行く。
ところが、リードを付けたのに玄関にいくどころか部屋から出ようとしない。
前日の最低気温-4℃の寒さが堪えたのか。

「雪やこんこ~犬は喜び庭かけまわり、猫は炬燵でまるくなる」と童謡にあるが
家のワンちゃんはあてはまらないようだ。

 

たくましい霜柱
土を押し上げた

遺言を法務局が保管!

先日、法制審議会が民法改正の要綱案をまとめた。
残された配偶者の保護を強化する方針。

夫死亡後の妻が亡くなるまで今の住居に住める配偶者居住権を
新設するという。しかし、この居住権は妻が亡くなる前に
住んでいる家の売却代金で老人ホームに入ることができない
という問題が指摘されている。

何よりも驚いたのは自筆証書遺言を法務局で保管する制度を新しく
設けることだ。さらに家庭裁判所の検認手続きも不要になるという。
これなら公正証書遺言と比べて手間と費用がかからない。

遺言を考えている人はこの要綱案の段階で足踏みするのではない
だろうか。そうでなくても、遺言は先送りしがちなのだから。

知人の友達Aさんの話。高齢になると手入れができなくなるということで
一戸建てを売却して2LDKのマンションに移り住んだ。
まもなく夫が死亡。子供のいないAさんは夫の兄弟に相続分を
請求され、やむなくマンションを売って、今は公団住宅に賃貸で
住んでいる。

子供がいない夫婦は民法改正を待たず、配偶者のために遺言を!
お気軽に法務事務所までご相談ください。