ブログ そよご 

ブログ一覧

騙されないで!

先週、「大変です!裁判所から手紙がきました」と電話があった。
2年前に公正証書遺言の依頼を受けた方からだった。

身に覚えがないとのことだったので、
「詐欺の手紙ですよ」と言うと
「無視していいんですね。ホットしました」という返事。

大抵の人は「法的手段に訴えます」というフレーズに
ビックリしてしまう。日本では「おおごとにしたくない」という人が
多く裁判所は敷居が高く、気軽に利用する雰囲気ではない。
それだけに「東京地方裁判所民事訴訟部」と書かれているだけで
「早く、何とかしなければ」と気持ちを動揺させる。実にうまい。

還付金詐欺も巧妙だ。介護保険料がとりすぎで還付金があると
区役所職員を名乗り電話する。すぐに詐欺グループ仲間が銀行員を名乗り
電話でATMに誘導して、振り込まれますからと「振込」を押させるのだという。

電話は留守電機能にしておいて、後でこちらから電話するのはどうだろうか。

初めてみる紫陽花の色

 

 

 

 

中心も咲く

システム障害

先日、全国チェーンのスーパーで買い物をしていたときのこと。
レジの画面にカード会社に電話することを指示する文章が
出てカードで買い物ができないとなった。

見ると全部のレジが同じ画面になっていた。
食料品買うのをあきらめて3階に行った。
ペット用品が10%オフになる最終日だった。
ところが3階のレジもカードで買い物できない。

全店のレジにシステム障害だという。
ペット用品が10%オフになるのは今までに
なかったことなので、これを楽しみに来たのに。
カード支払いでないと10%オフにならない。
諦めきれない私はなんとかならないのか店員さんに
聞いてみた。店員さんは店長に電話してくれた。

現金払いならと10%オフにしてくれた😊
後でお詫びの挨拶状に全国のレジで
カード支払いができなかったことを知った。

スーパーのレジでシステム障害にであったのは
初めてだが、考えてみたら銀行のATMもシステム
障害がある。
これから行政手続きもネット申請が進むだろう。
来年は会社設立も添付書類の手間がなくなり
ネット申請が進みそうだ。
システム障害が起きたときの対応も事前に
幾つか考えておかなければならない。

現場の早さ!

先日、肺がん患者の会に招かれた。
講演後はグループに分かれて、気軽におしゃべりする会にも
参加した。10人位で皆さんが初対面だったにもかかわらず、
みんなが肺がんなので、治療や薬も同じ人もいて話がはずんだ。

その中で年配のAさんが
「抗がん剤が効かない。治療法がない」と主治医に言われ、
どうしたらよいかわからないとのこと。
セカンドオピニオンを受けたらという意見に
Aさんは戸惑っている。主治医の先生に嫌な顔されたり
ちゃんと見てくれなくなったらと心配している。

「セカンドオピニオンの先生が良かったら?」とAさん。
「その時は先生を変えればよい」とサバサバした意見があり
Aさんは納得した様子。参加したグループではほとんどの人が
セカンドオピニオンを求めていた。中には病院で4枚も
紹介状を書いてくれたという。
セカンドオピニオンが浸透し、多くの人が利用している。

キイトルーダとシスプラチン等の混合の抗がん剤の投与を
受けている人もいた。キイトルーダはオプジーボのすぐ後に
認可された薬。保険適用もつい最近だ。
キイトルーダは抗がん剤投与の後でなくても使用できるので
注目していた。治療現場は素早く対応している!

やさしい香

 

知っ得情報16

「配偶者居住権を今から遺言で書いておいて良いのか」と
疑問に思っていた。調べたら2020年4月1日から施行
されるので、その前に遺言で記載しても適用されないと
分かった。記載がないのと同じ扱いになる。

配偶者居住権は使用権であり、賃貸や売買はできない。
1番のメリットは所有権と使用権を別々の人に分けられること。
例えば、それぞれ子供がいるもの同士が再婚した場合に
奥さんに居住権を確保しつつ、自宅建物の所有権を子供に
取得させる遺言もできる。

結婚期間が20年を超えて居住している不動産を妻に
贈与した場合は、居住不動産は相続財産に入れずに
相続分の計算ができるので建物を売らずに分配できる。
これで奥さんが住む家がなくなるという問題は解消される。

ただ、2020年4月1日前に夫が死亡しても遺産分割が4月1日
以降の場合は旧法が適用されるので注意が必要だ。

 

若葉に悩みなし

「将来が不安!」

今年に入ってから3名のご高齢の「お一人様」から相談を受けた。
「倒れて誰も気付かなかったらどうしようか」と思うと不安になるという。
今住んでいるマンションをどうしたらいいのか、お墓は?と考えると
次から次へと不安材料が出てくるという。

「病気になる前に老人ホームに入れば心配いらない」と思っている人が多い。
ところが老人ホームは治療はしない。熱がでた時は、病院までは老人ホームの
スタッフが付き添ってくれるが、入院手続きはしないし、手術の時の保証人に
なれない。あくまで家族がしなければならない。

地域包括支援センターや地域福祉協議会などがあるのを説明したが、
個別に万全のケアは難しい。ネットで調べても有料老人ホームと
住宅型老人ホームの区別も分かりづらい。

この間、テレビで小学生のお小遣いの使い道を聞いたら、貯金するのが
ほとんどだと伝えていた。その理由を尋ねると
「将来が不安」と小学生が答えていた。

高齢者だけでなく小学生も「将来が不安」と思っている。