ブログ そよご 

ブログ一覧

知っ得情報16

「配偶者居住権を今から遺言で書いておいて良いのか」と
疑問に思っていた。調べたら2020年4月1日から施行
されるので、その前に遺言で記載しても適用されないと
分かった。記載がないのと同じ扱いになる。

配偶者居住権は使用権であり、賃貸や売買はできない。
1番のメリットは所有権と使用権を別々の人に分けられること。
例えば、それぞれ子供がいるもの同士が再婚した場合に
奥さんに居住権を確保しつつ、自宅建物の所有権を子供に
取得させる遺言もできる。

結婚期間が20年を超えて居住している不動産を妻に
贈与した場合は、居住不動産は相続財産に入れずに
相続分の計算ができるので建物を売らずに分配できる。
これで奥さんが住む家がなくなるという問題は解消される。

ただ、2020年4月1日前に夫が死亡しても遺産分割が4月1日
以降の場合は旧法が適用されるので注意が必要だ。

 

若葉に悩みなし

「将来が不安!」

今年に入ってから3名のご高齢の「お一人様」から相談を受けた。
「倒れて誰も気付かなかったらどうしようか」と思うと不安になるという。
今住んでいるマンションをどうしたらいいのか、お墓は?と考えると
次から次へと不安材料が出てくるという。

「病気になる前に老人ホームに入れば心配いらない」と思っている人が多い。
ところが老人ホームは治療はしない。熱がでた時は、病院までは老人ホームの
スタッフが付き添ってくれるが、入院手続きはしないし、手術の時の保証人に
なれない。あくまで家族がしなければならない。

地域包括支援センターや地域福祉協議会などがあるのを説明したが、
個別に万全のケアは難しい。ネットで調べても有料老人ホームと
住宅型老人ホームの区別も分かりづらい。

この間、テレビで小学生のお小遣いの使い道を聞いたら、貯金するのが
ほとんどだと伝えていた。その理由を尋ねると
「将来が不安」と小学生が答えていた。

高齢者だけでなく小学生も「将来が不安」と思っている。

がんでも働きたい

3月26日に発売されるいのちの落語家:樋口強の本の
タイトルである。働き盛りでがんと向き合い、社会との
接点を模索してきた著者の視点が分かりやすい。

がん本人の仕事に対する姿勢や主治医・産業医のサポート
そしてがん本人を部下にもつ会社側の人。
それぞれの立場で考えさせられる。
楽しく笑って生きるヒントもたくさん詰まっているので
がんになっていない人にもマニュアル本にできる。

後半は樋口強の笑いと人情の落語ワールド。
古典落語の人物が生き生きとまるでご近所にいる
おじさんの顔が浮かんでくるようだ。
何気ない普段の生活を大切にしたくなる不思議な
マジックがある。

 

 

 

 

出版元
佼成出版社

 

津波から着物を守ったのは!

今日の午後、偶然「黙祷」というアナウンスが聞こえる場所
にいて黙祷しながらもう8年たったことに驚いた。

「津波もがんも笑いで越えて」の村崎茜さんのモデルの鈴木ツマさんに
お会いしたのは、この本が出来た時の4年前であった。
ツマさんはまだ仮設住宅に住んでいた。

その時、ツマさんが着ていた和服に少し違和感を覚えた。
家を流されたのに立派な着物!?
ツマさんはみんなの疑問に答えるようにというより嬉しそうに
流された家の土台の土砂から掘り起こされた桐たんすから
出てきたという。

桐たんすは湿気に強いと聞くが、土砂の中に長い間埋もれていても
水一滴も通さなかったのである。桐たんすは濡れるとしっかり
密閉するということが証明されたのである。
職人さんの技術も素晴らしい!

着物はどんな言葉より励ましてくれたという。
ツマさんは3年前に市の集合住宅に入ることができた。

もう一人竹内彩さんのモデル渚さんの子供たちは震災当時は
小学生だったが上の息子さんは2年前にに高校卒業。
去年、渚さんから小さいながらも新築したという喜びの
メールをもらった。

 

体験者の迫力!

先日、遺言を依頼したAさんから貴重な東京大空襲の話を聞く
ことができた。当時、Aさんは小学生で深川に住んでいた。

大空襲の時は、父母と兄弟で一緒に逃げ回り、近くの4階建ての
小学校に逃げ込んだという。生存した同級生はたった2人のみ!
その時の様子をAさんは静かに話し出した。

その日は3月で、強い北風が吹いていた。火が走るようにあちこち
飛び火して町を燃やしつくした。B29の爆音と日本軍の応戦の爆音で
雷が落ちたような大轟音が2時間続いたという。

幾つかのテレビドラマでは風が強いことは触れていない。
日本軍の応戦もAさんから初めて聞いた。
熱い爆風、大轟音、きな臭い匂いが伝わってきた。

世界的にさざ波が立ち始めているような漠然とした不安を
もつのは私だけだろうか。
一人一人の心の中は平和を願っているのに。

 

ついに開花!